測定後のデータについては、Google DriveやDropboxなどのクラウドへの保存、Slackやメールでの転送が可能です。その後、データを整形して外部サービスへの連携は可能です。

また、リアルタイムでの外部サービス等の連携については、UDP通信で外部に送信するアプリがあるので、可能になっています。UDP通信のアプリについては、お問い合わせください。

回答が見つかりましたか?