モバイルバッテリーから給電しながらの撮影も可能ですが、カメラへの本体への負荷が大きいことや動作が不安定になってしまうなどのため、メーカー非推奨となります。

回答が見つかりましたか?